2011年09月 の記事一覧

餃子の皮を作ってみた。

てきとークッキング~

ニラをたくさん貰ったので
餃子にしようと思い立ったが
皮が無い!

ならば皮も作ろう ということで
やってみた。

ボールに強力粉と薄力粉150gづつ、計300gで何枚できるのかな?
まあ、やってみよう。
粉に熱湯を200ccぐらいドバッと入れたら
熱いので菜箸でグルグルかき混ぜる。

粉が水分を吸ったところで
手で触れるぐらいになったら、よく捏ねる。熱いので注意。
多少ボソボソしていても捏ねているとまとまってくる。

親指の付け根当たりでぎゅっと押しつけ
半分に折ったら90度回してまたぎゅっと押すを
繰り返すこと5~6分かな。

あんまりボソボソだったら、少し湯を加える。
このへんの加減が微妙だけど、
(実は、入れすぎてベチャベチャになったのでまた粉を足した)
羽二重餅ぐらいが扱い易い。

こんなもんかな?
丸めてラップをして30分ぐらい休ませる。
餃子の皮1

この間に具の準備をする。
キャベツも (たくさん入れたいので二回に分けて)
餃子1
フードプロセッサーでガ~して水気を絞る。

豚肉、塩コショウ、にんにく、ショウガ、ごま油、鶏がらスープの素(その他てきとーに)も
餃子2
フードプロセッサーに入れてガ~

全部ボールに入れて
本日のメインのニラも入れて
餃子4

出来上がりだけど・・・
ちょっとニラ多過ぎたかな?まあ、健康的で良いわ。
餃子5

もちろんひき肉でもOK
フードプロセッサーなしでもOK

後片付けをキッチリして、ホッとしているうちに
ほぼ30分。

ねかしておいた皮を
打ち粉(片栗粉)をたっぷり振った台に取り出して
4つに切り、それぞれ直径2~3cmの棒状に伸ばす。
餃子の皮2

さらに1本を10個に切り
餃子の皮3
片栗粉をまぶしておく。

それを薄く伸ばして丸くすればいいのだけれど
これがなかなかどうして難しい。

まず切り口を上にして手のひらで押しつぶす。
くっつくので粉をたっぷりと振ること。
左手で持って少しづつ回しながら
右手の麺棒(みそこし用のを使った)を
真ん中から手前に転がすと
餃子の皮4
こんな感じに。

コツは粉を多めに振ること。

キレイな丸でなくてもOK!
って、丸くなんかなりっこない!
楕円でも凸凹でも全然無問題。
包んでしまえばどうってことない。
案外それらしくなるので心配なく。
それに、食べたらいっしょ。ハハハ

包むときは水はいりません。
柔らかいので簡単にくっつく。
とっても楽。

全部で40個。
30個は焼いて、10個は蒸してみた。

自分で言うのもなんだけど
これ、いいわー!!
市販のと違ってもっちりツルン。
もう少し慣れたらもっと早く出来ると思う。
うん、これはいい 

出来上がりの写真が無い?
またしてもバッテリー切れで・・・
言い訳
作りながら写真に撮るときは
電源は入れっぱなしで、撮ろうとすると自動的にオフになりまたオンして、
今日のは両手ベタベタでいちいち手を洗ったりで
その間無駄にバッテリー使いすぎました。
元々ちょっと少なかったこともありますが・・・。

お見苦しいのをお見せしなくて
不幸中の幸いかも。フフフ
スポンサーサイト