想像力の欠如

先日の交通事故の時に壊れた歩道の柵が
修理されるまでの間、
危ないので警察が赤い三角コーンを立てて
近づかないようにしてあったのだが
夜中に見るとなぜか道の真ん中に動かしてあった。

これでは車が通れない。
そういえばちょっと前に若者たちがキャッキャ、キャッキャ騒いでたわ。
まったく、悪ふざけにも程がある。
これで事故でも起きたらどうするんだ!

仕方が無いので元の所に戻しておいた。。。のが3日前。
で、今日 またしても道の真ん中にあるではないか!

若者たちよー
コンビニの冷蔵庫に寝転んだり、
地下鉄の線路に降り立ったり、
店に爆竹放り込んだり、
軽いノリでやったことがどんなことになるか想像してみよう。
道路に物を置くことがどんなに危険なことか想像してみよう。
と、ぶつくさ言いながらまたもとの位置に戻しておいた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

奴らはことが起きてからでないとわからないという頭ですね。
事が起きるまでは何をしてもいいというトンチキです。
~するとは思わなかったという言い訳がよく物語ってますね。
テレビでバカがもてはやされてることもあるかもしれないですが、
常識が通じなくなるって怖いですね(汗

Re: タイトルなし

椎たけ夫さんへ

我々も若い頃には
酔った勢いとか、若気の至りとかで
あほなこともしましたが
せいぜい、バス停1m動かすぐらいでした。
(昔のバス停は動いたんです)
こういう馬鹿者もいつか人の親になるんですよね。
日本の将来は危うい?
プロフィール

ウルトラぴー

Author:ウルトラぴー
雑種犬ピーちゃん(本名ピーチ姫)♀
(2007年9月28日生まれ)と、
どうでもいい日常。
時々ジュリー。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR