眠れない夜はミステリー

今朝は気持ちが悪くて目が覚めた。
もわっとした空気がまとわりつく。
ああ、今日もムシムシ暑くなりそうだーーー
食欲も無い。

予報では35℃とか、
35℃なら涼しいじゃん!
なんせ、昨日一昨日と実質40℃近かったからねえ~
35℃が涼しいと思えるのも怖い話だ。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

只今、夜中の0時
涼しい風が吹いている。
ああ、涼しい~
もうそれだけでシアワセだー!

不思議だねえ~
あんなに食欲がなくてダラダラしてたのに
涼しい風が吹いただけでスッキリ、シャッキリ。
夏バテ~?だれがじゃ~イヒヒ

さて、蒸し暑い夜が続いて
眠れぬままに、昔読んだ本を引っ張り出して読んでいる。
蒲生邸事件
宮部みゆき作「蒲生邸事件」

何度か記事にしているお気に入りの一冊だ。

いやあ~歳をとるってあながち悪いことばかりじゃないね~
何度読んでも初めてのような感動を味わえるもの。
忘れるっていいわ~、年寄り\(~o~)/バンザイだ。

ところで
仕事柄、いろんな人に会うのだが
一目見て暗い感じのする人っているよね。
一人ぼっちでそこだけぼおっと闇に包まれているような人。
そんな人は・・・
・・・そんな人は・・・
時間旅行者(タイムトラベラー)かも知れない。

ほら、そこにも、ほら、後ろにも・・・
ついじと~っと探してしまう、ふふふ
これはそんなタイムトラベラーの話なのだ。

(最近目つき悪いぞーと言われてる)
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する