悲しみを癒すもの

先日、近所のKさんが
「今度一緒に住むことになりましたのでよろしく」と
大柄な女の人を連れて挨拶に来られた。

へ!!!
Kさんて・・・
去年の夏、34歳だったかの奥さんを病気で亡くされて
泣き崩れていた姿をまだ生々しく思い出すんだけど・・・

小柄な奥さんを長い間看病されて
近所の奥方衆からは〝ダンナの鏡〟と評判だったっけ。

ふ~~ん、そうか・・・そうなんだ~

今、Kさんは
近所のダンナ衆から〝ダンナの鏡〟と
やっかみと羨望の的になっている。

愛する者との別れを癒すのは
新たな愛する者が一番のようで・・・



余談

新入りの
ワンたろうです。よろしく!
貯金箱















スポンサーサイト
2895:

若いので寂しかったのでしょうね

でも半年や一年では・・・チョッと・・・

ワンたろう君は、どんな出方をしてくれるのでしょうねe-68



2015.04.13 21:03 久仁 #- URL[EDIT]
2897:Re: タイトルなし

久仁さんへ

そうですね、まだ若いから、、、ネ!
幸せになっていただきたいです。

ワンたろうはわがままで気分屋なので
どうなりますやら・・・

2015.04.14 00:15 ウルトラぴー #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する