ペンペングサとの戦い

今日は朝からいい天気(^^♪
昨日は結構雨降ったからどうかな~と思ったけど
そんな悠長なことを言ってはおれぬ。
いい加減畑を何とかせねば・・・

ということで今日は一日畑三昧!

うわ~~なんじゃこりゃ!
カラスノエンドウやらなんやら花盛り。
たしかここらへんに里芋があった筈・・・
2016-4畑2

ばっさばっさと草なぎ倒して・・・
あれ?それらしきものが無い。

あはは~間違えた~こっちだった~
2016-4畑1
もみ殻かけといたからわかるでしょうに。。。

さて、どんなんかな~~古っ(仁鶴師匠でっす)
じゃ~ん!
2016-4里芋
OK牧場よ~古っ2
二株でこれだけ。
よかった~綺麗なままだった。

残り二株はそのまま置いといて
芽が出たらばらして再び植え付けよう。
イモはいいわ~埋めときゃ何とかできるから。

それにしてもあの草
どうしたもんじゃろのう・・・おっ、新し~
ま、刈るしかないんだけど
実はカラスノエンドウをやっつけるのは簡単。
マメ科なのでエンドウと同じように
上はワサワサだけど根元は細い。

その根元をもって引っぱると
一気にバッサーと引っこ抜ける。
これはかなり快感!
あっという間に終り。
努力の成果が素早く目に見えるのはイイねえ~

厄介なのはその後に残ったスギナや
↓これ、
2016-4畑3
なずな、通称ペンペングサ
穂先の▽の実が三味線のバチに似てるから
ペンペングサとなったとか。

ところが、ここいらへんのおっちゃん連中は
これを〝チンチングサ〟と呼ぶのだ。
チンチングサてねえ~
由来は不明。
子供の時からそう呼んでるからだと。

スギナの厄介さは言うに及ばずだけど
このチンチングサ、もといペンペングサも厄介だ。
根が深い、そう 根に持つタイプ。
茎も固くて腐りにくい。
で、恐ろしく増える。

なによりチンチングサ、もといペンペングサって
貧乏ったらしくていけない。

ということで今日は一日草刈三昧。
チンチングサ、もとい(くどいわ~)との戦いは
続くのだ。
すでに種がこぼれてるし・・・はぁ~~~










スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する