親孝行

知り合いの80歳をとうに超えたお母さんが
最近胆石の手術を受けて
一週間ほどで無事退院されたそうな。

胆石と言うのは話には聞いていたけど
相当痛いらしい。

母屋の離れで一人で暮らす
お母さんは夜中に激痛に襲われ
これはただ事ではないと
自分で救急車を呼ぼうとしたのだが
「いや、救急車はいかん。サイレンの音で
近所に迷惑をかけてしまう」と考え直し、
なんと1キロ先の消防署まで
自転車を漕いで行ったというのだ!
痛かっただろうに・・・

消防署員もびっくりしただろうけど
とにかく病院に連れて行ってもらったという。

ちなみに
お母さんは母屋の長男夫婦と暮らしているし
すぐ近くには次男(=知り合い)夫婦もいる。
当然息子たちからは
「母ちゃん!なんですぐ言わんのや~!!」と責められる。

するとお母さんは
「長男は毎晩晩酌をするので運転は頼めん。
次男は酒は飲まんけどこんな夜中では迷惑やと思って・・・」と。

なんとまあ・・・

ちょっと前の日本人は特に年寄は
ただ、人様に迷惑をかけまいと思っていたんだろう。

ところが息子たちは
瀕死の母親をほっといた親不孝者と見られて心外らしいが。

まあ、とにかく 簡単な手術で無事元気になられたようで
よかった、よかった。
と思いきや、
退院したその足で次男の家の庭の草むしりをしていたとかで
知り合い=次男は
「退院した日に草むしりになんか来んでええわ。
世間体というもんがあるやろ。あそこの次男は
退院したばかりの母親に草むしりさせとると思われるわ!
もう~勘弁してや~~」
と言いながら、うれしそうやった。

親孝行、したいときには親は無し
孝行しときや~~








スポンサーサイト
3265:

どっちの気持ちも分かるけどね~
今の私だったら、救急車を呼びますね
このお母さんの体力も大したもんですよ

2016.10.07 12:41 久仁 #- URL[EDIT]
3266:Re: タイトルなし

久仁さんへ

やはりこの年代の人たちには敵いませんね。
戦争を体験しているからでしょうか?
心身共に強いですね。
古き良き日本の母親として
長生きしていただきたいです。

2016.10.08 00:08 ウルトラぴー #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する