コーヒーメーカーが壊れた。

ちょうど1週間前のこと、
毎日使っているコーヒーメーカーの調子がおかしい。
お湯を入れても抽出されないのだ。

家人に聞くと、
水を入れすぎてちょっとあふれたという。
またかよ~!
前に使ってたのも何度か水かけて
そのたびに分解して乾かして
なんとか復活させたことがあるので
今回も多分それだと思いやってみたけどダメ。

調べてみたら保証期間の1年は過ぎてるけど
使い始めてまだ二年半、あきらめきれん!

で、メーカー(代理店)に電話してみた。
できるのなら有償でいいから修理してほしいが
バカ高かったらあきらめると。

見てみないと何とも言えないので
現品を送ってくださいということだったので次の日に送った。

しかし翌日には着いてるはずなのになんの連絡もない。
次の日もない・・・。
そろそろこちらから聞いてみようかなと思っていた土曜日の昼頃
この修理伝票と本体が送られてきた。

な、な、なんと・・・
コーヒーメーカー修理

良品交換
しかも
無償!!


要するに新品がタダで送られてきたってこと。
もう~ビックリポンよ~~ちょっと古いけど。

左が新品、ガラフェ(ガラスのカップ)は前のだから汚れてるけど・・・
一度に12杯分も作れるから重宝してたのよ~
右のは一般的な5杯分用。
コーヒーメーカー

これってどうゆこと?
ちょっと冷静になって考えてみた。

この製品は英国の会社が
某四千年の国で作った物。
日本の代理店に修理を依頼した場合
まず英国に送られ次に某国に送られ修理ののち
その逆のルートで送り返されるのではないか。
たかが基板一枚で、その費用と日数を考えた場合
新品のほうが安くなると考えるのは賢明だわな~

がしかし、修理費用は払うと言っているのに
なぜ新品をタダでという疑問は残る。
まあ、新しくなったんだからラッキー~♪でいっか。
しかもこれ、香典返しのカタログギフトで貰ったもの・・・フフフ









スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する