耳掃除は百害あって一利なし

数日前、
昼休みにたまたまミヤネ屋を見ていたら
びっくり仰天!耳垢掃除はやらなくてもいいんだって!!
むしろやってはいけないんだと!

ええ~っ!
じゃあ、耳垢はどうすんの?
それは、自然に外に出るようになってるんで
ほっとけばいいんだって。

いや~~どうしよう・・・
毎日とまでは言わないけど
手の届くところに耳かき置いて
しょっちゅうカキカキしてたよ~
気持ちいいじゃんね~

耳かきでカキカキすると
耳の中の皮膚を削ってるだけで
そこから黴菌が入るかもしれないそうだ。

では綿棒は?
そもそも綿棒とは耳掃除のためのものではなく
パッケージにもちゃんと注意事項として書いてあるそうだ。
どれどれ・・・
綿棒

「鼓膜や粘膜を傷つける恐れがありますので
耳または鼻の奥まで入れないでください」とあった。

要するに耳の奥の掃除はしてはいけない。
特に綿棒は綿棒の繊維だとか耳垢を奥に奥にと押し込んでしまって
中耳炎とか難聴の原因になるということだった。

いや~~知らなかったよ~
目から鱗・・・いや、耳から鱗だわ~

「耳の奥は触らないこと。」

よくわかったけど、
触っちゃいけないと言われると
余計にムズムズする~
とりあえず耳かきを手の届かないところにしまおう。

ああ、我慢我慢。













スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する